PHI-WORKS-京都府舞鶴市のホームページ・印刷物制作-(ピーエイチアイワークス)

集客できるブログを書くために 今すぐ出来るテクニック紹介します

2017.06.27 :


仕事のためにブログを書くというのは思いの外難しいもので(?)、ブログから集客の動線を作ろうとする場合でも、そのネタをどうするか、どうすれば人の心に届くのか、どうすれば検索エンジンに強い記事が書けるかなど、考え出すとキリがなかったりするものです。

プロのライターが書く文章ならともかく、業務の隙間を縫って文章を定期的に書き続けるのは非常に難しいもので、気がつけば数ヶ月、数年もの間時間が止まってしまって、動いてるのかどうかわからないものと化してしまう…。

かくいう自分もそうなのですが、やはり動いていないホームページやブログは自分で運営してても、せっかくの来訪者にとっても悲しいもので、やはり最新状態を維持する上で、ブログは欠かせないものとなっていたりするのかもしれません。

と、いうわけで、今回はなかなかブログ記事を書けない担当者の方向けに、こういう意識の持ち方はいかが? というお話でも。

基本的は「役立つこと」を書く

個人の日記であれば特に問題ないのですが、集客を意図した業務用の記事の場合、読者の気持ちを揺さぶらなければなりません。

どのような気持ちを抱いて欲しいかは方向性によって様々ですが、基本は「役に立つこと」「人に教えたくなること」を書くのが一番わかりやすい方法ではないかと思います。

その職業の方にしかわからないこと、製品を取り扱う上で知って欲しいこと、ちょっとした裏技、使い方の応用テクニックなどがそれに該当します。

アパレルであればピックアップ商品のコーディネート例であったり、食品であれば付け合わせで食べたい一品の紹介やレシピなどですね。

読者が「知らなかった」「こんな方法もあるんだ」と思ってくれたらしめたものです。

中には読者の感情を煽って攻撃的であったり、賛否両論の強すぎる話題をあえて選んで炎上を狙うという方法もあったりしますが、お勧めはしません。上手にやればあっという間に爆発的なアクセスは得られるでしょうが、ブランドそのものを傷つける可能性も非常に高く、ネガティブな方法でもあるので、やめておくに越したことはないです。

特に誰かに教えたいという情報はTwitterやフェイスブックでのシェアも期待できますので、書ける範囲内でたくさん共有してみましょう。

「誰か」のために書く

ネタはあるものの、どうやってそのネタを料理するかというのも、一つの問題だったりします。

漠然と説明を書くだけであれば、説明書を読むだけで十分と言われればそれまでで、やはりブログ記事は「人に伝えて」ナンボのものです。

そう考えた時、意識してみて欲しいのが「誰のためにこの文章を書こうとしているのか」ということです。

お客様のことでも良いでしょうし、今一歩商品やサービスの購入を踏みとどまっている方向けでも良いでしょう。

範囲が広すぎて漠然としている場合は、友人や知人、家族のためでも良いかもしれません。

わざわざ「●●さん読んでますか?」などと書く必要はないですが、心の中の対象者に向けて書き出してみると、思いの外軽快に文章が書けるようになったりするものです。漠然と書き続けるよりも、誰に読んで欲しいかを意識して書いてみるだけでも文章の仕上がりは全く違うものになりますのでお試しあれ。

ちなみにですが、私がブログ記事をどう書けば良いかわからないという相談を受けた場合は「僕のために書いてください。僕に自社製品を勧めるなら、どう教えるかを意識してみてください」などと偉そうに言います。
他業種のお話大好き。

(特に初期は)ネタがないからという理由で適当な日記を書かない

個人的な実感で最も多いのが、「本日の差し入れ」ネタだったりするのですが、業務記事の場合に限ると、来訪者の多くはそのお仕事に関係する情報や商品のことを知りたいのであって、個人の日記を読みたいわけではない場合がほとんどです。

ある程度集客が盛り上がるようになり、コメントのやりとりも行いたい、堅い記事が続いたので、ちょっと一呼吸おきたいといったような「こなれ感」が出るまでは、日記系の記事はぐっと堪えなければならない時期もあります。

もちろん日記が悪いわけではありません。ただ、それは来訪者のニーズを読んだ結果であったり、ファンとの交流のため、知って欲しいと強く考えるからこそ活きるネタであって、序盤から持っていくと、結構後が苦しくなります。
(日記慣れしてしまって、どんどん役立つ記事を書きづらくなっていきます…)

日記ネタは非常に書きやすいので、これなら定期的に書ける! と思いやすいところですが、初めて顔を合わせた方にいきなりフランクに接するのは難しいのと同様、少しずつ来訪者にホームページやブログを知ってもらうように、しっかりとした記事が多くあるという土台の上で書いていくべきものと考えたほうが良いでしょう。

もしくはテクニックとして、記事の最初の最初にちょっとした近況を入れ、本題としては役立つ記事 という流れであれば親しみやすくていいかもしれません。

ちょっとだけこだわった記事を作ることができる(かもしれない)テクニック

ここからは、「ネタはあるけど、なかなか筆(?)が進まない…」という方向けの記事制作テクニックを紹介します。

タイトルや序文でつまづくと最後まで尾を引くので後回しにしてみる

これも陥りやすい罠なのですが、記事製作中は、なにも「最初から順番に」書く必要はありません。

特にタイトルと序文は、ここだけで来訪者の興味が決まってしまいますので、力を入れたいところではあるものの、その分難しい場所とも言えます。

最初が決まらないと以後の文章が続かない…というお悩みも非常に多いものですが、そういう時はいっそ後回しにして、本題で書けるところから書いてしまえばいいわけです。

とりあえず書ける場所を書き続け、あとから不要な文言を消す、伝えたい優先順位をコントロールしなおすなど、パズルみたいですが組み立て直していくのもテクニックの一つです。

このような場合、タイトルや序文は最後の最後に書くことになりやすいのですが、逆にこのほうが書きやすいという場合も多いものだったりするので、書きたいことはあるけど書き出しが決まらないという場合は、もう後回しにしてしまいましょう。

一文ごとにスペースを設ける

このブログでもそうですが、基本的に一文をひとつの塊にしているため、長くてもだいたい5行ごとには一行分のスペースを作っています。

書く人読む人の好みの問題もあり、1行ごとに広めのスペースを作ったり、文章をセンター揃えにするなど色々な方法を見かけるものですが、共通しているのは「文章を連続させすぎると読むのが辛い」ということです。

私の場合は長文を好む傾向にあるため、余計に考えることが多いのですが、一文読むごとに一旦休憩が出来るよう、一文最大5行以内にまとまるよう心がけていたりします。

本当はもう少し文章自体をコンパクトにして3行以内にまとめたいんですが、自己主張の塊みたいな性格が災いしてこんなことになってしまってますすいません。

見出しで区切る

好みの問題もいろいろありますが、文章量が多くなる場合は、都度見出しを作って話題を区切るようにしましょう。

ブログ記事の場合、主に使われる見出しタグはh2タグ、h3タグあたりでしょうか。多くではh3タグかと思われます。
(当ブログは記事タイトルがh1、見出しはh2、小見出しがh3です)

若干HTMLの知識が必要ですが、関連する話題に応じて見出し、小見出しをつけることで、記事全体がまとまるようになります。

あまり見出しをつけるのは好きではない、見出しがよくわからないという場合は、画像を使って一旦区切るという方法もアリです。

これは小説の挿絵のような役割をしているものと考えるとわかりやすいでしょう。

あまり長い文章だと文字ばかりを読むのも大変ですので、何らかの形で一旦休憩できるようにすると読者の目に優しいでしょう(とか言ってるこのブログの文字数の多さです…)

アイキャッチを入れる

ブログにおける「アイキャッチ」は、大体の場合で、記事の一番上に表示される画像のことをさします。

無意味な画像を入れるのはあまりよろしくないとは思いますが、関連性の高い画像を一番目に触れやすい場所に置いておくと、読者の興味を引きやすいこと、文章ではわかりづらいものでも、絵にするとわかりやすかったりするもので、得られる恩恵はかなり多いです。

反則技(?)としては、アイキャッチに女性の写真を使う、猫の写真を使う、強烈なインパクトの写真を使うという方法もありますが、記事と何も関係のない画像を使うと「アイキャッチ詐欺」と言われかねないので、できる限り関連性の高いものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、当ブログでは、多くの(ほぼ全て)アイキャッチ画像をぱくたそさんから使用させてもらっています。
フリー写真素材集サイトで、人物写真も自由に使えますよ!【至極個人的なPR】

SEO対策的なものを取り入れる

前回の「Web担当をするなら知っておきたい初級SEO対策テクニック」で書きましたが、せっかく頑張って文章を書いたのだから、できる限り多くの人の目に触れて欲しいもの。

そのためには、やはりある程度のSEO対策を意識した執筆は欠かせません。ただ文章を書き流すだけでなく、小さなところからでも意識して、少しでも検索エンジンからの経由を多くできるようにこだわってみたいところです。

記事を書くのは本当に大変!

はい、本当に大変です。
一度こだわりだしたら、これまでなら30分くらいで書けた記事が、タイトル、序文、本題の執筆だけでなく、アイキャッチの用意、SEO対策的なライティングなどまで、簡単に1時間2時間食われてしまいます。

これを全てこだわり出そうとすると、とてもじゃありませんが「業務の隙間」にする作業とは言えなくなってしまうため、なかなか手をつけられないというのが多くの方の本音ではないでしょうか。

しかし、それを続けることにより、ホームページの価値が上がり、集客の動線を作ることができれば、その効果は非常に高く、さらに上記の方法は努力の問題で済むという意味では非常に低コストでできる集客方法でもあります。

多くの人に支持され、さらにSEO対策まで意識しだすとキリがありませんが、ブログで大切なのは「誰に読んで欲しいか」を強く意識すること。対象者をはっきりさせるだけでも、書きやすさ、集客性はずいぶん変わってくるものですので一度お試しあれ。


お問い合わせ

現在、PHIWORKSでのご依頼・ご相談につきましては停止させていただいております。


PAGE
TOP